assess

脳と体の”機能性”を可視化

体と脳の機能評価

最新テクノロジーを用いて体と脳の機能性を可視化

​安全な手技療法

あらゆる手技療法を一人一人の体にあった方法で統合的に使用

​リハトレ

脳科学に基づきリハビリ・トレーニングを個別に提供

機能神経カイロプラクティックの特徴

​問題の根本原因を追求

脳科学に基づいた評価で機能的な変化を探り根本的な原因を追求し、さらに最新テクノロジー用いて脳と体の機能を可視化。

米国における豊富な実績

米国で5年以上の臨床経験の中で、主に神経疾患に対して多くの実績を積み、安全で効果的な手技療法を培いました。

機能神経学の専門認定

カイロプラクティックの正規教育だけではなく米国カイロプラクティック神経学会より機能神経学の認定を受けています。

​評価方法

​対象

  • 神経学•ベッドサイド検査

  • 関節機能•可動域•触診•徒手検査

  • 機能動作•バイオメカニクス評価

  • 歩行検査(オプトゲイト)

  • 機能的動作スクリーン(FMS)

  • 選択的機能動作評価(SFMA)

  • Yバランス検査

  • 慢性の痛み

  • 肩こり•腰痛

  • 肩や膝などの関節痛

  • 脳震盪

  • ​パーキンソン病

  • 頭痛

  • スポーツ障害

  • バランス•転倒危険度チェック

  • 重心位置•安定性限界検査

  • 機能的筋力検査

  • 体幹力チェック

  • 小児-原始反射検査

  • 眼球運動チェック

  • ​タイミング•反応速度•リズム測定

  • めまい•バランス障害

  • 脳卒中による障害

  • 神経変性疾患

  • 子供の発育障害, ADD/ADHD

  • スポーツパフォーマンスの向上

  • ​どのような運動を始めたら良いか不明

  • ​自分の根本的な体質を改善したい人